top

会の紹介

会の歴史

霊 性

養 成

活動紹介

宣 教

福 祉

教 育

共同生活

支部修道院のご案内

世界支部のご案内

    自動
 

シャルトル聖パウロ修道女会

修道会へのアクセス 修道会へのアクセス

シャルトル聖パウロ修道女会

サイトマップ サイトマップ

シャルトル聖パウロ修道女会

白百合学園

活動アルバム

Stained glass

 
作成日 : 11-07-08 10:33
東京創設130年感謝のミサ
 作成者 : 管理者
照会 : 6,488  

1881年のみこころの祭日に東京での宣教を始めて、今年は130年を迎えました。
オズーフ司教様の手紙には、「修道女たちは、イエズスのみ心の祝日に船で到着し、自分たちのための家に入った。私はその日に家を祝別し、彼女たちはそこに学校、孤児院、薬局を開いた」とあります。当時は、神田教会の隣にありました。
九段修道院では、感謝のミサをみこころの祭日におささげました。
司式してくださったデイター神父様(イエズス会)は、当日の福音について、イエス様ご自身がご自分のパーソナリティーについてお話しされたのは、「わたしは柔和で謙遜な者」というこの箇所しかないことを教えてくださいました。
スールたちは、130年の間にあった困難、大震災や戦争を乗り越えてきた恵みに感謝しつつ、教会は決して沈まないというイエス様の約束を思い出し、これからのことも希望と信頼をこめてお祈りしました。


 
   
 

シャルトル聖パウロ修道女会