top

会の紹介

会の歴史

霊 性

養 成

活動紹介

宣 教

福 祉

教 育

共同生活

支部修道院のご案内

世界支部のご案内

    自動
 

シャルトル聖パウロ修道女会

修道会へのアクセス 修道会へのアクセス

シャルトル聖パウロ修道女会

サイトマップ サイトマップ

シャルトル聖パウロ修道女会

白百合学園

活動アルバム

Stained glass

 
作成日 : 16-06-29 21:26
神様のタイミングで動く
 作成者 : 管理者
照会 : 626  

今日は使徒聖ペトロ・聖パウロの祭日です。
このお二人は、教会を支える2本の柱、と言われています。

今朝のごミサで、神父様が「月足らずで生まれたようなわたし」と自分を表現したパウロについて話してくださいました。
パウロは、自分を偉大な使徒と思っていません。
神の恵みによって使徒としての自分があるのだと言っています。(コリントの信徒への手紙1 15:3~10参照)

キリスト教徒を迫害していた自分が、突然、主イエスとの出会いを通して回心し、同時に異邦人の使徒として派遣されます。
人間的に見れば、他の使徒たちのように何年も主と一緒に過ごす期間はありませんでしたから、準備がかなり必要であると思われる状況にありました。

人のタイミングというものがあります。
一つの事を始めるために準備をし、これで大丈夫と思ったときに人は始めるものです。
しかし、まだ十分な準備が出来ていないと思われるときに、「今だ、行きなさい。」「今、やりなさい」と神様から促されることがあります。
これは神様のタイミングと言えます。

不安になるかもしれませんが、主がどのようなときにも共にいてくださるのです。
どこにおいても、誰かのために、神様のタイミングですぐに動ける使徒として私たちは派遣されています。


 
   
 

シャルトル聖パウロ修道女会