top

会の紹介

会の歴史

霊 性

養 成

活動紹介

宣 教

福 祉

教 育

共同生活

支部修道院のご案内

世界支部のご案内

    自動
 

シャルトル聖パウロ修道女会

修道会へのアクセス 修道会へのアクセス

シャルトル聖パウロ修道女会

サイトマップ サイトマップ

シャルトル聖パウロ修道女会

白百合学園

活動アルバム

Stained glass

 
作成日 : 16-08-09 09:54
グロード神父様とラヴェンダー
 作成者 : 管理者
照会 : 502  

北海道より爽やかな香りを送ります。

函館市内のカトリックの特別養護老人ホームには納骨堂があります。
創立者のパリ・ミッション会の故フィリップ・グロード神父様が、「夢のあるホームを!」とのことで、ホームの裏手の傾斜地にメモリアル公園があります。公園の入り口の門柱には黙示録の1節が書かれています。
ハート型の植え込みの中央は両手を広げた大きな聖心のイエス像です。
イエス様のご像の台座にあたる所が納骨堂になっています。
函館の納骨は合葬になっています。堂内は6~7人ほどが入れる位の広さです。
祭壇の両脇には天使の像が1体ずつ、一方は帰天者の名前が刻まれたプレートを片手に下げ、もう一体は2年前に帰天された創立者グロード師の名が刻まれた本を持っています。「天国はいいところだよ・・」といつも言っておられたことが思い出されます。

ラヴェンダーが一面に咲きわたり、蝶や蜂が飛び回っていました。


 
   
 

シャルトル聖パウロ修道女会